病気が原因かも!多汗症はクリニックで治療できる

詳しく知る事が大事です

レーザー

複数の要因がある

多汗症になってしまう原因は1つではなくて多くのことが問題になっているのでどれが原因なのか知る必要があります。糖尿病などが原因になっている場合もありますし、ホルモンバランスや喫煙が問題の場合もあるのです。つまりこういった問題点を1つ1つ潰していく必要があり、原因が特定されないと治療方針が決まりません。ストレスは交感神経が過敏に働いてしまうので、それが大量の発汗につながる場合があります。この場合は仕事や生活面などストレスがかかる原因を解決する必要が出てくるので、生活の改善が必要になります。糖尿病やバセドウ病も多汗症の原因になりますから完治させるにはこういった病気を治療していく必要があります。一時的な治療は役に立たないので専門的な病院での治療を怠らないようにする事が大事になってきます。そういった治療と並行して幾つかの治療方法が確立されていますから、実績のある所で行う事が重要です。比較して複数の方法を提供してくれる病院で行う事が最善の策になるので確認する事が大事です。

どういった方法か

多汗症の治し方の特徴は先ほども説明した通り、原因になる病気を治すことが先決になります。こういった病気にかかっているかはわからないので、きちんと定期検診を受けるか体の不調があれば病院に行くことが大事です。治療もボトックス注射のようにそんなに大変でない方法もあるのが大きな特徴になっています。この注射を打つ事によって汗の量を抑える事が出来ますから、大量の汗をかく心配が減ります。また食べ物に注意する事によって汗を抑える事が出来る特徴があるので必ず実践したい部分です。例えば大豆には女性ホルモンに似た成分が含まれていて、自律神経を安定させて発汗を抑える効果があります。他にも老廃物を溜めないで汗腺を開かせるようにする事が重要でお風呂にきちんと浸かるのも効果的です。汗をきちんとかいて汗腺を開いて老廃物を出すというサイクルを確立させる事で多汗症を改善させられます。その上で病院で1番合っている治療法を選択することが改善への早道になっていきますから生活スタイルも重要です。

多量の汗を治すには

先生

多汗症とは、多量の汗が出てしまう症状のことをいいます。主な原因はストレスなどの精神的なもので、自律神経の交感神経が活発化することによって引き起こされるとされています。治療するためには、生活習慣を改善したり、制汗剤などの利用が効果的です。

もっと見る

掌や顔に大量の汗をかく

照射治療

普段の生活が困難になる多汗症には様々な原因がありますが、どれも治療することが可能です。特にイオンフォレーシスは有効な治療法とされています。他にはボトックス注射やブロック注射が人気です。

もっと見る

汗に関する症状と対処法

腕を上げる女性

多汗症とは、脇や手などに過剰な汗をかいてしまう症状です。原因や症状が現れる部分は人によって様々ですが、美容整形外科で治療を行い改善させることが出来ます。マイクロ派を当てる治療や、ボトックス注射など、肌を傷つけずに行える治療方法が人気です。

もっと見る

汗が多い症状を改善する

ドクター

精神的ストレスなどにより交感神経が優位になると多汗症になり、汗を大量にかきます。治療としては交感神経を遮断する方法が一般的です。欧米中心にボトックス注射による治療も増えてきています。精神的ストレスのケアは直接の解決にならないことが多いので、早めに受診すべきだとされています。

もっと見る

汗によるトラブルを解消

ワキ

多汗症になると、精神や肉体の緊張により、発汗量が増えます。治療は、アセチルコリンの分泌を抑えるボトックス注射や、エクリン腺の機能を低下させるマイクロウェーブによっておこなわれています。いずれも、発汗量の多い全ての部位に施術する必要があります。またボトックス注射の場合、定期的に打つことが大事です。

もっと見る